鈴木知事「議論を引き続き注視」 リニアめぐる静岡知事・JR東海の会談受け

【ぶら下がり会見で、リニア中央新幹線をめぐる会談について所感を述べる鈴木知事=県庁で】

リニア中央新幹線の工事再開をめぐり、静岡県の川勝平太知事とJR東海の金子慎社長の会談が平行線に終わったことを受けて、鈴木英敬知事は26日のぶら下がり会見で「引き続きJR東海と静岡県の議論を注視していきたい」と述べた。

鈴木知事はインターネットで配信された両者の会談を全て見たわけではないとした上で「今回で工事を認めるとか、だめだとかいった結論が出たというよりは今後の論点を示されたと感じている」と説明した。

JR東海が目指す東京―名古屋間の令和九年開業が危ぶまれていることについては「われわれとしては早期開業をお願いしてきた。早期開業に資する議論や取り組みができていくことを期待する」と述べた。

リニア中央新幹線を巡っては、川勝知事が南アルプスの掘削による大井川の水量減少を懸念。着工を認めず、JR東海との協議が難航している。両者のトップ会談は初めてで、静岡県庁で開かれた。