伊勢の旅館 「3密」避ける新宿泊プラン 「千の杜」と別邸「斎王の宮」 三重

【別邸「斎王の宮」のプラン利用時の客室(海栄RYOKANS提供)】

【伊勢】三重県伊勢市佐八町の旅館「千の杜」と別邸「斎王の宮」は、「3密」を避ける新たな宿泊プランの提供を始めた。新型コロナウイルスの感染防止策を尽くして客をもてなす。

1組の客が、2室を利用できる「3密回避プラン」。一方の部屋で夕食を取り、食後はもう一方の部屋で過ごす。料金は1室利用価格のまま。夕食を従来の館内レストランではなく、客室で提供し、従業員やほかの客との接触機会を減らす配慮をした。朝食は「千の杜」ではレストランで提供するが、従来のバイキング形式から定食に変え、座席の間隔を広く空ける。「斎王の宮」は、朝食も部屋で提供し、各部屋に露天風呂も付く。

同旅館を運営する「海栄RYOKANS」(愛知県南知多町)は、「お客さまの安心安全を担保するためのプラン。これまでとは、もてなしの考え方も変わる。2部屋を使い、ゆったりと旅を満喫してほしい」と話している。プランの提供は11月30日までを予定。「千の杜」2名1室利用1人1万6500円~、「斎王の宮」2名1室利用1人3万3千円~。

問い合わせは千の杜=電話0596(39)1200、斎王の宮=電話0596(39)6611=へ。