名張署にロケット花火発射 容疑の少年2人逮捕 三重

【名張】三重県の名張署にロケット花火を発射し、当直勤務員の業務を妨害したとして、同署は23日、威力業務妨害の疑いで、いずれも名張市、無職の少年(17)と土木作業員の少年(16)を逮捕した。

逮捕容疑は4月26日午後10時半ごろ、同市の17、18歳の少年3人と共謀し、署の敷地外から敷地内にロケット花火9発を撃ち込み、当直勤務員の業務を妨害した疑い。任意捜査の3人を含め、いずれも容疑を認めている。