三重県 県南部訪問に補助金 学校の遠足や社会見学で

三重県は23日、県南部で遠足や社会見学を実施する県内の学校に補助金を支出すると発表した。新型コロナウイルスの影響で県外移動が難しい機会に、県南部を訪れて魅力を知ってもらおうと実施する。

県によると、県南部での遠足や社会見学、修学旅行などを予定する県内の小中学校や高校などが対象。参加する児童と生徒1人当たり1000―2千円を補助し、宿泊がある場合は3千円を追加する。

県は県議会に提出中の補正予算案に、事業費として約500万円を盛り込んでいる。補正予算案が可決されれば実施する。7月1日に申請方法の詳細を発表し、8月14日まで申請を受け付ける。

また、県は23日、南部地域で自然体験イベントの実施を計画している県内事業者に、経費の半額を20万円以内で補助すると発表した。南部の事業者支援が目的。7月1日に申請の詳細を公表する。