亀山市 乗合タクシー、より便利に 来月から制度見直し 三重

【7月1日から運行を一部見直す「乗合タクシー制度」=亀山市御幸町のJR亀山駅前で】

【亀山】三重県亀山市は、平成30年10月1日から運用を開始した「乗合タクシー制度(のりかめさん)」を7月1日から制度を一部見直す。

市民を対象に公共交通として新たに開始した同制度は、自宅近くの地域停留所から公共施設や鉄道駅、医療機関、商業施設などの特定目的地停留所までタクシーを利用して、単独・複数(乗合)乗車ができる。平成31年度の延べ利用人数は2120人。

利用条件は、満65歳ー75歳未満で四輪運転免許証がない人▽満75歳以上の人▽運転免許証を自主返納した人▽心身的な理由で車を運転できない人ーなど事前登録が必要。

見直しは、これまでの前日予約が当日も予約可能(乗車時間の1時間前まで)▽運行時間を2時間延長(午前9時半ー午後5時半)▽これまで乗車地によって決まっていたタクシー会社(2社)を乗車地に関わらず選択できる。

市地域交通グループ担当者は「より便利に利用いただけるよう、利用者らの意見を参考に見直した」と話した。問い合わせは同交通グループ=電話0595(84)5049=へ。