ヨガと演奏でリラックス 玉城町でイベント 三重

【講師の福盛さん(左から2人目奥)と一緒にヨガを楽しむ参加者ら=玉城町佐田の「cafe&space 72候」で】

【度会郡】三重県玉城町佐田の集客交流施設「cafe&space 七十二候」で20日、水晶から作られた楽器「クリスタルボウル」とヨガのイベントがあった。町内外から11人が参加し、心も体もリラックスしたひとときを過ごした。

新型コロナウイルスの影響を受ける人たちの疲れた気持ちを解放し、前向きに頑張ってもらおうと、同町在住でチベットヨガ&クリスタルボウルセラピストの山路由美子さん(54)、ヨガインストラクターの福盛雅子さん(43)、金属製の体鳴楽器「ハンドパン」奏者の中西康裕さん(37)が、4月に「玉城ソーシャルコミュニティー」を結成し、イベントを企画した。

この日は、ハンドパンの優しい音色が流れる中、福盛さんが体の硬くなっている部分を緩め、ゆがみを調整するヨガのポーズを取りながら、丁寧に説明。参加者らはリラックスした表情で一つ一つの動作を実践した。山路さんは、音療法の一つで気持ちや体を整える効果があるクリスタルボウルを演奏した。

伊勢市から参加した大西恵理さん(43)は「心身ともに解き放たれてすごくよかった」と話した。福盛さんは「ヨガと一緒に玉城町のことを知ってもらいたい」、山路さんは「コロナの自粛ムードを解放し、町を活気づけていくために今後もイベントを企画したい」と話した。