衆院解散「盆明け―9月前半も」 三重民主連合の岡田会長、野党合流求める

【記者会見で、衆院解散の時期に言及する岡田氏(左)と中川氏=津市桜橋3丁目で】

三重民主連合の岡田克也会長は20日、津市桜橋3丁目の立憲民主党県連で開いた常任幹事会後の記者会見で、衆院解散の時期について「盆明けから9月前半ごろの可能性は、かなりある」との見方を示した。

岡田会長は「安倍総理としては、あまり遅くなると解散できなくなる。新型コロナの状況や内閣支持率にもよると思うが、盆明けから9月前半ごろにかけて解散総選挙の可能性は、かなりあるのでは」と述べた。

その上で、野党合流に向けて「懸命に努力しているが、最終的には党首らの判断。ぜひまとめてほしい」と要望。「本来は今国会が終わるまでに、大きな塊の道筋が見えなければならなかった」と指摘した。

共産党を含めた野党共闘は「本格的な話には至っていない」と説明。野党候補が空白の衆院三重4区については「良い候補者がいれば立てるのが基本方針。具体的な名前があるわけではない」と語った。

顧問の中川正春衆院議員も解散の時期について、岡田会長と同様の見方を示した上で「9月20日ごろに臨時国会という話もある。その冒頭解散も想定し、われわれも準備をしなければならない」と述べた。

この日の常任幹事会では、7月18日に津市で三重民主連合地方議員フォーラムの総会を開くと決定。8月22日に伊賀市で常任幹事会を開き、地域住民から新型コロナの影響などを聞き取ることも決めた。