鹿児島国体延期に理解 三重知事「来年開催の準備進める」

【鹿児島国体の延期に所感を述べる鈴木知事=三重県庁で】

日本スポーツ協会や鹿児島県などが新型コロナウイルスの影響で鹿児島国体の年内開催を断念し、来年以降に延期すると発表したことを受け、鈴木英敬三重県知事は19日、報道陣の取材に「極めて異例だが、選択肢としてあっても良いと思う」と理解を示した。

鈴木知事は年内開催の断念について「鹿児島県や選手のことを考えると、開催が近い県の知事として、わがごとのように心が痛む。日本全体で影響が最小となるような答えを早く導き出してほしい」と語った。

中止ではなく延期となったことには「開催要綱に延期の言葉はなく、昨年の茨城国体も全国障害者スポーツ大会が中止となった。延期は極めて異例だが、感染症を乗り切る選択肢としてあっても良い」と述べた。

一方、来年の開催を予定する三重とこわか国体・とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)については「不安や心配に思う県民もいる」「予定通り来年に開催できるよう、着々と準備を進める」と述べた。

また、鹿児島国体を延期する具体的な方法について考えを問われた鈴木知事は「いろんな案があり、非公式に議論しているが、予断を与えかねない。対立構造を生むべきではない」などとして言及を避けた。