亀山市公共施設の一部を制限緩和

【亀山】三重県亀山市は、新型コロナウイルス感染症防止のため利用を制限していた、鈴鹿馬子唄会館や各地区コミュニティセンター、関文化交流センターなど市内の公共施設の一部を19日から制限緩和し、通常通りに戻した。東野公園や西野公園体育館などのスポーツ施設と市文化会館は7月1日からとした。

市立図書館の学習室と市総合保健福祉センター内のカラオケルームは閉鎖を継続し、スポーツ施設での大会は当面の間、県外者が参加する開催は禁止。7月1―31日まで通常通り営業する西野公園プールは、市民の利用に限定する。市主催のイベントの延期・中止とする開催条件も不特定多数の参加者の人数を100人以上から500人以上に緩和した。