名張で24時間降水量129・5㍉ 6月の観測史上最大

19日未明、三重県内は大雨に見舞われ、気象庁は津、名張、伊賀の3市に大雨警報を発表した。名張市では午後1時10分までの24時間降水量が6月の観測史上最大となる129・5㍉を観測した。

3市の警報は、同日朝に解除された。県によると、大雨による人的被害や土砂災害はないという。JR西日本は関西本線の亀山―加茂駅間の運行を始発から一時見合わせた。