「店員がコロナ」デマ投稿 松阪署、男女2人を書類送検 名誉棄損疑い 三重

【松阪】三重県松阪市内の飲食店名を出し、その店から新型コロナウイルスの感染者が出たと会員制交流サイト(SNS)にデマを流したとして、松阪署は18日、名誉毀損(きそん)の疑いで、同市の20代男女2人を津地検松阪支部に書類送検した。

書類送検容疑は4月6日午後5時ごろ、単文投稿サイト「ツイッター」に、同市駅部田町の中華料理店「中国菜館明華」の店名を上げ「コロナが出た」「店の中国人らしい」などのデマを投稿し、店の名誉を傷つけた疑い。いずれも「ごめんなさい。反省しています」と容疑を認めている。