トヨタウン名張店あす開店 屋外広々、新車中古車100台展示 三重

【オープンカフェやキッズスペースがあるセンターコート=名張市蔵持町原出の「トヨタウン名張店」で】

三重トヨタ自動車(三重県津市、竹林憲明社長)は20日、名張市蔵持町原出に同社の旗艦店となる新店舗「TOYOTOWN(トヨタウン)名張店」をオープンする。

同店は先月オープンした四日市店に続き2店舗目。敷地面積7666平方メートル。四日市店と比べ屋外スペースが広いのが特長。店内外に17日発売の新型ハリアーなど新車約30台、中古車約70台を展示し、新車と中古車を合わせた展示車数は四日市店の約3倍となる。

中古車は走行距離が少ない車やワンオーナー車など高品質をそろえ、購入後の走行距離無制限で1年間無料保証の「ロングラン保証」がつく。

店舗中央にはフリードリンクで楽しめる緑に囲まれたオープンカフェや大規模遊具を備えたキッズスペースを設けた。車検入庫時にくつろげるラウンジや、津市在住のコレクターから寄贈された新車カタログを展示するギャラリーがある。

車の購入や利活用をサポートするトヨタウン独自の新サービス「トヨタ おトクの窓口」も開設。来店客に合った車選びやレンタカーの使い方、自動車保険の見直しの相談に応じる。

竹林社長は「名張だけでなく広域の方に気軽に来てほしい。車の購入や点検以外にもオープンカフェやキッズコーナーを気軽に使ってもらい、地域のコミニケーションの場になれれば」と話していた。