自宅から僧侶に悩み相談 松阪の佛英堂 オンライン駆け込み寺開設 三重

【ウェブサービス「オンライン駆け込み寺」の画面を示す野呂専務=松阪市役所で】

【松阪】三重県松阪市中町の仏壇仏具店「佛英堂」と津市西丸之内の正覚寺はこのほど、ネットを通じて自宅から僧侶に悩みを相談できるウェブサービス「オンライン駆け込み寺」を開設した。当面は無料で運営し、将来は任意の布施を導入する予定。

同社は、松阪市が公募で市内から1社選定し、製品開発から販売促進まで伴走支援する同市独自の「ハンズオン支援」の昨年度対象企業。寺院の空きスペースを貸し出すオンラインサービス「かすてら」を始めたが、新型コロナウイルス感染症対策に伴う外出自粛のため2月以降は中止している。

「オンライン駆け込み寺」は新事業として、コロナ対策の影響で増えてきた「在宅時間が長くなり家族関係で悩んでいる」などの悩みに対応する。zoomやLINEのビデオ通話機能を使い、1回20分ほどを想定。相談に応じる僧侶は現在2人が登録している。

野呂英旦専務は「お坊さんに気軽に相談ができる」とアピール。「紹介を受けて僧侶の登録を増やしていきたい」と話していた。