亀山でビジネスマナー研修会 市内から新入社員18人参加 三重

【伊藤代表から社会人としての心構えを学ぶ参加者ら=亀山市東御幸町の亀山商工会館で】

【亀山】三重県の亀山商工会議所(岩佐憲治会頭)は17日、亀山市東御幸町の亀山商工会館で、ビジネスマナーやコミュニケーションの指導など運営している「オフィス成旺」(岐阜市本郷町)の伊藤享子代表を講師に招き「ビジネスマナー研修会」を開き、市内の製造や建設、金融業などの事業所から新入社員18人が参加した。

参加者らは好感を持たれる接客や訪問のマナーなど学んだ。伊藤代表は「やさしい笑顔が大切。特に目に意識してください」といい、「真の礼儀は相手に対する思いやりの心を持つこと」と促した。

新型コロナウイルス感染防止のため、伊藤代表はフェースシールド、参加者は全員マスクを着用しお互いの距離を空け、窓も開けるなどの対策を講じた。

リネン類の回収・洗濯、福祉用具のレンタル・販売業の「ヤマシタ三重事業所」(同市布気町)に今春入社した山下柚奈さん(18)は「皆さん優しく接していただき職場が楽しい。研修で学んだことを実践する」と話した。