本田技研工業 鈴鹿製作所で爆発音、2人やけど 配電盤に焦げ跡 三重

【鈴鹿】14日午前9時15分ごろ、三重県鈴鹿市平田町、本田技研工業鈴鹿製作所の工場で爆発音がし、作業員の野原鉄矢さん(21)=同市稲生町=と熊谷竜児さん(27)=同市住吉町=が倒れているのを別の作業員が発見した。野原さんは顔を含む上半身の広範囲にやけどを負い、四日市市内の病院へ、熊谷さんは顔のやけどで津市内の病院へ搬送された。熊谷さんは命に別条はないという。

鈴鹿署によると、野原さんと熊谷さんが溶鉱炉の点検作業をしていた際、配電盤から火花が出たとみられるという。近くにいた作業員が「バン」という大きな音を聞いており、配電盤には焦げ跡があった。溶鉱炉は6月5日から停止しており、この日は再稼働に向けた調整をしていた。