伊勢 80代女性、5767万円詐欺被害 複数の人物から電話 三重

【伊勢】伊勢署は15日、三重県伊勢市内の80代無職女性が現金合計5767万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。架空請求による特殊詐欺事件とみて調べている。

同署によると、令和元年11月初旬ごろ、「犯罪センターのクロキ」を名乗る男など複数の人物から女性方に電話があり、「個人情報が悪用され、あなたが逮捕されるかもしれない。解決には示談金など現金が必要」などと要求があった。

女性は指示に従う形で、同月15日から7回にわたって伊勢市内の食品店駐車場で現金合計5700万円を現れた男に手渡した。その後も今年1月24日午後3時10分ごろまでの間、弁護士費用として7回にわたり現金67万円を同市内の金融機関ATMを通じて振り込んだという。

今月4日、利用した金融機関から「振込先が犯罪に使用されている」と連絡があり、同署に相談して詐欺被害が発覚した。