鈴鹿市 フェースシールドを無料配布 手話利用者が対象 三重

【手話利用者に無料配布されるフェースシールド=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は15日、市内在住の手話利用者を対象に、フェースシールドの無料配布を始めた。無くなり次第終了。

手話利用者のスムーズな意思疎通と新型コロナウイルス感染防止対策の両立を図るのが狙い。

今月1日に、鈴鹿シティロータリークラブから寄贈されたフェースシールド240枚を活用。

配布対象は市内の聴覚障害者で手話利用者の約200人と手話通訳者などの支援者約50人で、希望者に1人2枚配布する。

希望者は、市役所の障がい福祉課窓口で、住所と氏名を記入して受け取る。同課では「フェースシールドはマスクを外して会話ができるので、制限を受けずに会話を楽しめる。活用してほしい」と話していた。

問い合わせは同課=電話059(382)7626=へ。