津こども園が武者行列 手作りよろいで町内歩く コロナ影響で1カ月遅れ 三重

【武者行列で「エイエイオー」と声を合わせる園児=津市南河路で】

【津】三重県津市南河路の津こども園の年長児62人が12日、約1カ月遅れの武者行列をし、手作りのよろいかぶと姿で町内の約1キロを練り歩いた。

同園はこどもの日を前に手作りのよろいかぶとで市内を歩く行事を約40年続けている。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で4月中旬から約1カ月休園。再開した先月18日から園と各家庭で制作しルートを変更して行列を実現した。

園児はハートやリンゴ、好きなアニメキャラクターなどを描き色とりどりに飾った「マイ甲冑」で園近くを行列。「エイエイオー」と声を合わせ町内の大円寺周辺約1キロを歩いた。

蒸し暑い気候の中無事に完歩し、溝口歩佑華ちゃん(5つ)は「暑かったけど頑張った。よろいはボンボンを付けたところが気に入ってる」と感想を話した。

同園の内田洋子園長は「小さい時から憧れる行事ができてよかった。コロナで不自由な中子どもたちはたくましく順応している。新しい生活様式を取り入れ健やかに成長してほしい」と話した。