伊勢の「パセプション」 「からあげグランプリ」金賞 味バラエティ部門 三重

【からあげグランプリ金賞受賞を喜ぶ林代表=伊勢市小俣町のパセプションで】

【伊勢】三重県伊勢市小俣町の創作ダイニング「パセプション」の人気メニュー「伊勢甘タレからあげ」が、日本唐揚協会(東京都)が主催する「第11回からあげグランプリ」で金賞を受賞した。

グランプリは全国の唐揚げ店などが参加し、インターネットによる一般投票で順位が決まる。今回は、しょうゆダレ、塩ダレなど11部門に、894店舗が出場。1―4月にかけて予選投票、決戦投票が実施され、同店は初出場にして「中日本 味バラエティ部門」で金賞9店舗の1つに選ばれた。

伊勢甘タレからあげは、伊勢地方の伝統的な「たまり醤油」を使った甘辛いタレで味付けた唐揚げ。同店の林完治代表(55)が作ったまかない料理が評判を呼び、約8年前、地元有志らと伊勢甘タレからあげ協会を立ち上げレシピを公開した。現在、地元の約30業者が販売し、ご当地グルメとして親しまれている。

林代表は「受賞は、町おこしにつなげようと仲間と普及に努めてきた成果。子どもや次の世代にも食べ継がれる伊勢のソウルフードに育てていきたい」と話していた。