アジサイ7万5000株色づく 津・かざはやの里で 三重

【色づき始めたアジサイ=津市戸木町の「かざはやの里」で】

【津】三重県津市戸木町の花園「かざはやの里」で、約7万5千株のアジサイが色づき始めている。東海地方が梅雨入りした10日は朝から多くの来場者が訪れた。7月11日まで無休。午前8時―午後5時。入園料大人1人500円、高校生以下無料。

同園は平成16年に開園。約3万3千平方メートルの敷地に季節ごとにアジサイ、梅、フジが咲く。今年はフジの開花時期が緊急事態宣言と重なり全面休園したが宣言解除を受けアジサイの時季に再開。アルコール消毒など感染防止対策を徹底し受け付けで来園者情報の記入を呼び掛けている。

広い斜面を生かした園内では現在青色の「青てまり」が見頃。黄緑から白へと変化する「アナベル」やピンク色の「ピンクてまり」が色づき始めている。

娘と姉と訪れた津市河芸町の後藤千鶴子さん(52)は「いろんな種類のアジサイがある。(宣言解除後も)人混みにはまだ行かないようにしているがここなら花を楽しめる」と感想を話した。