松阪・スケートパーク 来園者3万人達成 さらに愛されるパークに 三重

【スケートパーク来園3万人目の吉村さん(中央)=松阪市山下町の市総合運動公園で】

【松阪】松阪市山下町の市総合運動公園スケートパークは5日午後8時、来園者3万人を達成した。

3万人目となった同市下村町の吉村巧さん(47)は市マスコットキャラクター「ちゃちゃも」に迎えられ、記念品の松阪牛の肉をもらい、「いつも楽しくいい運動をさせてもらっています」と喜んだ。

同パークは昨年4月2日、県初の公共スケートパークとして開園した。建設費2億7千万円で、面積4730平方メートル。初心者エリアの他、国際大会ができる競技エリアと湾曲したくぼ地を組み合わせたプールエリアがあり、初心者からプロボーダーまで楽しめる。

昨年度の来園者数は2万5123人で、全国の公共スケートパークの中で最多となった。

竹上真人市長は「初心者専門エリアも作った。さらに愛されるパークにしていきたい」と話した。