御浜町に観光案内所 道の駅「パーク七里御浜」に完成 三重

【観光案内などをする七里御浜ツーリストインフォメーションセンター1階=御浜町阿田和で】

【南牟婁郡】三重県御浜町が整備を進めていた町内初の観光案内所「七里御浜ツーリストインフォメーションセンター(TIC)」が、同町阿田和の道の駅「パーク七里御浜」駐車場内に完成し、7日に開所式が開かれた。内覧会もあり、施設内が報道陣に公開された。

式には大畑覚町長ら関係者15人が出席。大畑町長は「熊野と伊勢を結ぶ広域的な観光案内所として期待する。町も地域振興のための観光の確立に向け、しっかりと取り組んでいきたい」とあいさつした。

近くには、今秋オープン予定の外資系ホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜」がある。町内を訪れる観光客や熊野古道伊勢路を歩く外国人観光客らへの対応を充実させるため、七里御浜TICを整備した。

昨年9月に着工し、今年3月に完成。木造2階建てで延べ床面積は約248平方メートル。国の交付金約3500万円を活用した事業で、総事業費は約9千万円。町から指定管理を受けた一般社団法人ツーリズムみはまが運営する。観光案内は町から業務委託を受けた一般社団法人田辺市熊野ツーリズムビューローが担当する。

1階は、英語が話せるスタッフが常駐する。東紀州地域や伊勢市、和歌山県田辺市など広範囲にわたって観光案内や宿泊施設の手配をする。パンフレットなどを置き、手荷物も預かる。2階は事務室と会議室がある。会議室は一般にも貸し出す。

開所時間は午前9時―午後6時。年中無休。

問い合わせは七里御浜TIC=電話05979(3)0333=へ。