三重国体キャラ「とこまる」田んぼアートに 津、イベント中止で有志手植え 三重

【6色の苗を手植えする参加者(手前左は今年の原画の看板)=津市榊原町で】

【津】三重県津市榊原町の田に6色の苗を植える「榊原温泉田んぼアート2020」の田植え作業が6日、同町長坂であった。新型コロナウイルスの影響で例年約300人が参加していた田植えイベントは中止し、地域の有志50人で手植えした。今月下旬から約2900平方メートルに三重とこわか国体・三重とこわか大会キャラクターの「とこまる」が浮かび上がる。

同所の田んぼアートは、地域住民でつくる「榊原みずすまし会」(中尾兼隆会長、会員約500人)が実施する国の交付金事業で、今年11回目。感染拡大防止のため田植えは参加者を募らず同会の役員と20―80歳代の有志住民で実施した。

原画は毎年市立榊原小の児童に募集しており今年は「とこまる」がテーマ。優秀賞に選ばれた6年の林美来さんと5年の田中日菜子さんの作品を基に津市実施競技のセーリングをする「とこまる」と、令和2年を表す「R2」や「サカキバラ」の文字が並ぶ図案で「シー・エスコンサルタント」(安濃町)が無償で測量とくい打ちをした。

参加者は約3時間にわたり担当の色の苗をひたすら手植えした。中尾会長(70)は「田植えはやむを得ず中止したが田んぼアートは榊原のイベントとして楽しみに来る人は多い。地域の手伝いのおかげで今年もできてよかった」と喜んだ。