鈴鹿の千代崎、鼓ケ浦海水浴場の開設中止

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は5日、新型コロナウイルス感染症の第2波到来などを懸念し、7月3日から8月23日まで予定していた令和2年度の千代崎、鼓ケ浦海水浴場の開設を中止すると発表した。

市によると、利用者や看護師、ライフセーバーなど関係者の安全が確保できないこと、シャワー施設や救護施設における感染症対策の徹底ができないことなどから、本年度の開設中止を決めたという。

昨年度の利用者数は千代崎海水浴場が1万5700人、鼓ケ浦海水浴場が1万2600人。