鈴鹿商議所が食事券販売 飲食店支援 あすから、2000円分お得 三重

【市内飲食店で使用できるプレミアム付き食事券をPRする田中会頭=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】鈴鹿市の鈴鹿商工会議所(田中彩子会頭)は4日、鈴鹿市役所で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による経済活動の停滞に伴う市内飲食店の支援策として、独自のプレミアム付き食事券「鈴メシ6」を1000冊発行すると発表した。6日から、千円券5枚の1冊5千円分を3千円で販売する。プレミアム率は66パーセント。

利用期間は8日から10月31日まで。購入者が店内飲食やテイクアウトで利用できる。

同商議所飲食部会(森下晃部会長)が中心となって実施。食事券の差額分200万円は同会議所が負担する。同会議所によると、独自予算での食事券発行は県内初めて。

同部会所属の飲食店270事業所のうち、県の指針に沿ったコロナ対策を実施する市内中心の101店舗が参加。随時参加店舗は募集しており、商議所ホームページで確認できる。

販売対象は市民のほか、市内への通勤、通学者で1世帯最大3冊まで。購入方法は電話予約のみ。6日午前9時から午後4時まで受け付ける。先着順、売れ切れ次第終了。

販売は予約時に購入日時を指定。8日から1週間かけて分散し、同商議所窓口で購入する。

田中会頭は「地域の人と事業者、双方が元気になれる即効性のある取り組みとして位置づけている。地域経済再生の一助になれば」と話した。

申し込み、問い合わせは同商議所=電話059(382)3222=へ。