「職員、給付作業に集中を」 紀宝町議会、質問自粛 三重

【南牟婁郡】三重県の紀宝町議会事務局は1日、今月23日に開会する町議会6月定例会の一般質問を自粛すると発表した。

事務局によると、先月開かれた町議会運営委員会で「国の給付金や町独自の支援金を一刻も早く住民に届けるため」との理由で、一般質問の自粛を決めたという。

町議会の荘司健議長は、一般質問の自粛を決めた理由について、取材に「議場での密接を避けることや、職員が一般質問の答弁を準備する時間を住民への対応に使ってもらいたいため」と話した。