四日市市 コミュニティセンター助成など3800万円増額 補正予算案発表 三重

【四日市】三重県四日市市は1日、今年度6月補正予算案について発表した。一般会計は3806万9千円増額で、補正後予算額は1547億3729万2千円。6月8日開会の市議会6月定例月議会に、補正予算案を含む10議案と報告6件、計16件を提出する。

主な事業として、宝くじ社会貢献広報事業のコミュニティ助成事業助成金として採択された一般コミュニティ助成事業費及びコミュニティセンター助成事業費に2180万円、日本年金機構に提供する所得情報データ作成業務委託に係る国民年金事務費に92万8千円、近鉄川原町駅付近連続立体交差事業における工事の振動などによって損傷した家屋などの調査・補償を行うための経費として150万円、借地契約期間満了に伴い中消防署港分署用地を購入するための経費に1468万円など

条例は、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置のための地方税法などの一部改正に伴う改正、未婚のひとり親に対する税制上の措置及び寡婦(寡夫)控除の見直しなどを行う改正、マイナンバーカード普及促進・通知カード廃止などに伴う戸籍関係手数料条例の一部改正など。