亀山 亡き父の焼杉工芸作品展示 滋賀の馬場さん 百五銀関支店で35点 三重

【焼杉工芸品展を開く馬場さん=亀山市関町木崎の百五銀行関支店で】

【亀山】滋賀県甲賀市土山町の会社員、馬場正光さん(70)は1日から、三重県亀山市関町木崎の百五銀行関支店で「焼杉工芸品展」を開く。25日まで。

10年前に亡くなった工芸作家の父が原木の木肌を生かし作製したガマガエルや花瓶、風鈴など計35点を展示する。

馬場さんは「子どものころ、父が作製している様子を見ていた。約60年経った今でも当時の色合いは変わっていない。多くの人に見てほしい」と話していた。