亀山・まちづくり連絡会議 事業計画や功労者表彰 三重

【あいさつをする鈴木会長(左端)=亀山市若山町の市社会福祉センターで】

【亀山】三重県の亀山市地域まちづくり協議会連絡会議(鈴木壽一会長)は28日、同市若山町の市社会福祉センターで、令和2年度の通常総会を開き、平成31年度事業活動や収支決算報告、本年度事業計画案には、地区の自主活動による地域の絆づくりと発展向上▽自立した各地区の活動を支援、調整ーなど3項目の基本方針を掲げ、拍手多数で承認し可決した。

3―5年以上在職した功労者には櫻井義之市長が感謝状を贈呈した。

22地区まちづくり協議会の会長が出席し、コロナ感染対策として全員がマスクを着用し、座席の間隔を空け実施した。

鈴木会長は「コロナ渦はまちづくりサロンや地域担い手研修など事業活動にも影響を及ぼしている。今後の状況を判断し、事業の実施に向け検討したい」とあいさつした。

功労者表彰は次の3人。

松上博則(77)=井田川地区南=、中尾勝義(72)=同北=、峯忠男(80)=天神・和賀地区=。