在宅勤務の導入支援 三重県、アドバイザー派遣へ

三重県は27日、在宅勤務の導入を支援するアドバイザーを県内の事業所に無料で派遣すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で需要が高まっていることを受けて実施。相談窓口も開設する。

テレワークなどに詳しい中部システムセンター(津市)の担当者が、導入に当たって整備する社内規定や労務管理についてアドバイスし、各種助成金も紹介する。12社に4回ずつの派遣を予定している。

派遣の申し込みは6月26日まで。相談窓口は平日の午前9時―午後4時。いずれも電話や電子メール、ウェブフォームで受け付けている。問い合わせは同社=電話059(232)3174=へ。