新型ウイルス 医療従事者に最大5万円 三重県が独自支援策、クオカード配布

 

三重県は27日、新型コロナウイルス感染者の治療や検査などに当たった医療従事者に、1人当たり最大5万円をクオカードで支給すると発表した。政府が医療従事者に最大20万円の慰労金を支給する方針の制度とは別に、県独自の支援策として実施。6月に提出する一般会計補正予算案に関連費用を計上する。

県によると、支給の対象は県内の医療機関で感染者の治療や検体の採取などに当たった医療従事者。対象期間は今年1月から、政府の緊急事態宣言が全国で解除された5月25日までとしている。

5日以上にわたって業務に従事した人に5万円分、5日未満の人に3万円分のクオカードを配布する。鈴木英敬知事のメッセージを添えて7月中にも届ける予定。各医療機関を通じて申請を受け付ける。

県は医師や看護師ら約1500人に対し、総額で約7千万円の支給を見込んでいる。支給の費用は、県民や事業者を対象に募る「新型コロナ克服みえ支え〝愛〟募金」や国からの臨時交付金で賄う考え。

県は治療などに当たった医療従事者に「手当」を支給するよう、関係団体から要望を受けていた。一方、手当の支給に必要な給与制度の改定は期間を要することから、クオカードを配ることにしたという。

鈴木知事は27日のぶら下がり会見で「自分たちも感染するかもしれないという恐怖に加え、多くの偏見や差別を受けたことを考えると、医療従事者に感謝の気持ちを表すのは当然だと思う」と述べた。

また、県は医療従事者への応援メッセージを、6月30日まで県のホームページで募集している。メッセージは県内の医療機関に届ける。問い合わせは医療介護人材課=電話059(224)2326=へ。