ニッタ・デュポン いなべ市に50万円寄付 ウイルス対策支援 三重

【寄付金の目録を手にする日沖市長(右から2人目)、山口工場長(同3人目)ら=いなべ市役所で】

【いなべ】精密研磨システムを提供する「ニッタ・デュポン」(大阪府大阪市浪速区)は26日、寄付金50万円を三重県いなべ市に寄付した。市では、新型コロナウイルス感染対策支援を目的に、不足している防疫品の購入など、医療・福祉・保育分野で活用するとしている。

同社三重工場(いなべ市藤原町)の山口武郎工場長ら3人が同日、市役所を訪問し、日沖靖市長に目録を贈呈した。山口工場長は「医療従事者の皆さんらが苦労されていると聞き、少しでもお役に立てればと思い、寄付を決めた」と語った。

日沖市長は「困っている方が多く、非常に助かります。出来るだけ有効に活用させていただきます」と感謝を述べた。