越境移動自粛、今月末まで 三重県が感染拡大防止の指針改定 5都道県往来は来月19日から

【記者会見で、改定後の指針を発表する鈴木知事=三重県庁で】

政府が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を全国で解除したことを受け、三重県は26日、感染拡大防止の指針を改定した。6月1日からは県境をまたぐ移動の自粛は呼び掛けず、イベント開催の基準も段階的に緩和する。一方、5都道県との往来は6月18日まで控えるよう要請。大規模イベントの開催についても「中止の検討」を求めている。

改定後の指針は県外への移動について、6月19日以降は特に制限していないが、移動に当たっては「新しい生活様式」の徹底を求めた。帰省などでの来県も各都道府県の方針に留意するよう呼び掛ける。

イベント開催の目安として、6月19日からは参加者1000人以下で可能とし、7月10日からは5千人以下まで広げる。屋内は収容率を50%以内とし、屋外でも「十分な間隔」を設けるよう求めている。

祭りや花火大会など、夏場に開かれる野外イベントの対応も明記。地域の盆踊りなど、おおむね参加者を把握できる催しは可能とするが、全国から参加者が集まる大規模イベントは中止の検討を求めている。

指針は、政府が宣言の全国解除に合わせて改定した基本的対処方針などを元に改定。「新しい生活様式を取り入れれば、第2波を可能な限り抑制し、発生しても最小限に抑えることができる」としている。

県は「地道で息の長い取り組みを求める」として、今回の指針に期限を設けていない。一方、8月1日をめどに観光や大規模イベントを全面再開する政府の方針を踏まえ、7月中にも指針を改定する見通し。

鈴木英敬知事は本部員会議後の記者会見で「この1カ月間、県内で新たな感染者は発生していないが、コロナと共存せざるを得ない時代は続く。第2波を抑えるため、引き続き協力いただきたい」と述べた。