ジャガイモの花 畑一面満開に 四日市「さくらベリーズガーデン」 三重

【満開を迎えたジャガイモの花=四日市市桜町で】

【四日市】三重県四日市市桜町のブルーベリー摘み取り農園「さくらベリーズガーデン」(山原忠彦オーナー)の野菜畑で、ジャガイモの花が満開を迎えている。鈴鹿山脈を背景に、約1ヘクタールの畑一面に花茎の先端に多数の白いスイセンのような小花が集まったジャガイモの花が風に揺れている。見ごろは今週末ごろまで。

ジャガイモはニシユタカとサンジュウマルの2品種、約2万本が栽培されており、6月初旬から7月下旬にかけて収穫し、北勢地方卸売市場に出荷する。また、6月中旬に開園する「さくらベリーズガーデン」で直売も予定している。

山原オーナー(56)は、「今年は咲く時季も揃い、山々を背景にまるで北海道にいるかのような広大な風景です。コロナ感染予防で疲れた皆さんの心を癒やしていただけたらうれしい」と話している。問い合わせは同園=電話080(5100)7800=へ。