マスク、除菌スプレー いなべ市にも寄贈 CS桑名の美建総業 三重

【(右から)水谷きく代表、日沖市長、水谷千尋代表ら=いなべ市役所で】

【いなべ】クリーンサービス桑名(桑名市、水谷千尋代表)と美建総業(同、水谷きく代表)は22日、マスクと除菌スプレーをいなべ市に寄付した。両社ともに清掃業を行う中で、取引先の飲食店などが新型コロナウイルスの影響を受けていることから身近な問題と感じ、何か力になれることをと考え、寄贈を決めた。

両社の代表者が同日、市役所を訪問し、水谷千尋代表からマスク1200枚が、水谷きく代表から次亜塩素酸除菌スプレー500ミリリットル10本が、それぞれ日沖靖市長に贈呈された。水谷千尋代表は「福祉施設など困っている人たちに活用してもらえたらうれしい」と語った。

日沖市長は「寄附者の思いに沿って、必要なところで活用させていただきます」と感謝した。同社は桑名市などにもマスクや除菌スプレーを寄贈している。