「久しぶりに外で遊んだ」 亀山サンシャインパーク 遊具禁止が解除 三重

【大型滑り台を楽しむ親子=亀山市布気町の亀山サンシャインパークで】

【亀山】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月25―今月19日まで遊具の使用を禁止していた、三重県亀山市布気町の公園「亀山サンシャインパーク」では23日、遊具や散策、弁当を広げるなど多くの親子連れらが久しぶりに屋外で楽しんだ。

同公園(14・2ヘクタール)は、憩いの場として高塚池を中心に大型滑り台を備えたキッズランドや水の遊び場、芝生広場などがあり、休日には市内外から多くの人が訪れている。

四日市市川島町から家族4人で訪れた、会社員の父親、樋口寛高さん(40)は「自粛中は子ども2人が家で走り回ったり大変でした。自宅でのテレワークに集中できなかった」、小学2年生の倖基くん(7つ)は「久しぶりに外で遊べて楽しかった。お父さんと妹の3人で一緒に滑り台を滑った」と笑顔で話した。