地域の声聞き取り要望 ウイルス感染対策 三重民主連合、近く政府へ

三重県内の旧民進党議員らでつくる三重民主連合は23日、津市栄町二丁目の国民民主党県連で常任幹事会を開き、新型コロナウイルス感染症の対策強化を求める要望書を、近く政府に提出すると決めた。

三重民主連合によると、この日の幹事会では新型コロナの対策を巡る課題や地域の声を出席者から聞き取った。岡田克也、中川正春両衆院議員は感染拡大防止を目的に帰省せず、ウェブ会議で参加したという。

出席者からは、持続化給付金の対象外となった事業者への支援を求める声が上がった。雇用調整助成金の申請で発生したシステム障害や、給付金などの手続きを担う市町の負担を問題視する声もあったという。

三谷哲央幹事長は幹事会後の記者会見で「新型コロナの対応を巡っては、国と地方のあり方が問われる部分もある。三重民主連合として議論を深め、早急に要望をまとめ上げて提出したい」と述べた。