伊勢市観光協 売り上げ減の事業者支援 販売サイト開設 三重

【新型コロナ支援で開設した公式ショッピングサイト(伊勢市観光協会提供)】

【伊勢】新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込む事業者を支援しようと、伊勢市観光協会(同市本町)は、市内事業者の商品を通信販売する公式ショッピングサイトを開設した。期間は来年3月末まで。

サイトでは、和菓子や伊勢うどん、乳製品や真珠製品など伊勢市ゆかりの商品を紹介。20日現在で同協会の会員以外も含めた35事業者から88品目の商品が出品されている。

新型コロナの影響を調査するため、同協会が会員415人を対象にアンケートを実施したところ、デリバリーや通信販売に取り組みたいといった意見が多かったことから企画した。出品事業者からは売り上げの15%を受け取る代わりに送料は同協会が負担する。

同協会の上紺屋道明事務局長(34)は「在庫が多い商品もあるので購入を通じて支援をお願いしたい。商品には観光パンフレットも同封するので落ち着いたら観光へとつなげたい」と話した。サイトURL=https://www.shop.ise-kanko.jp/shop=。