ウイルス対策、強化求める 自民県連が県に提言書 三重

【鈴木知事(右)に提言書を手渡す青木幹事長=三重県庁で】

自民党三重県連は19日、新型コロナウイルス感染症の対策強化を求める提言書を県に提出した。県内経済の再興や教育機会の確保、医療体制の充実に向けた取り組みを強力に進めるよう求めている。

提言書は、感染拡大の影響で養殖マダイや和牛の需要が大幅に減少しているとし、販路開拓やキャンペーンで需要を回復させるよう要請。観光業も「甚大な影響を受けている」とし、強力な支援を求めた。

「県経済が立ち直るには自動車産業の復活が欠かせない」とし、新車の購入に対する補助制度の新設を国に求めるよう要請。オンライン教育の環境整備やPCR検査を迅速に実施できる体制の整備も求めた。

この日、青木謙順幹事長が鈴木英敬知事に要望書を手渡した。青木幹事長は「より強力な対策に取り組んでほしい。予算を有効に配分し、支援がスピーディーに届くようにしてもらいたい」と述べた。

鈴木知事は「県として必要だと考えていることと軌を一にした提言。背中を押していただいた思い。意を強くして実現に向けて取り組む」と返答。観光業や自動車産業への支援を進める考えも示した。