新型ウイルス 朝日町独自の追加対策発表 子育て世帯を支援 三重

【三重郡】三重県朝日町は18日、新型コロナウイルス感染症に関する町独自の追加対策を発表した。追加対策は、令和2年度補正予算案として、6月1日開会の町議会定例会に上程する。

追加対策として、子育て世帯への支援(2300万円、児童手当受給世帯に対象児童一人につき1万円、国の「子育て世帯への臨時特別給付金」事業に上乗せ)▽事業者への支援(330万円、町内全ての事業者の水道基本料金6ヶ月分免除)―を実施するほか、感染拡大防止対策としての環境整備として、①避難所設備拡充②教育文化施設衛生環境整備③施設空間安全・安心確保―の3事業を実施。

避難所設備拡充では、間仕切り付段ボールベッド150基購入(188万7千円)、防災倉庫1箇所整備(280万6千円)、教育文化施設衛生環境整備では、図書館に空気清浄機2台と図書消毒器1台購入(143万9千円)、施設空間安全・安心確保では、町体育館・公民館・町民スポーツ施設に空気清浄機4台と消毒液(500ミリリットル)百本購入(40万9千円)を予定している。