ほけん相談バンク運営の「ファーラウト」 原価でマスクを販売 鈴鹿、松阪、伊勢の店舗で 三重

【四日市】新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの需要が高まる中、三重県内でほけん相談バンク、住宅ローンバンクを運営する「ファーラウト」(四日市市安島)は15日から、三層不織布マスク(50枚入り)を原価で販売する。価格は税込みで1箱1595円。2千箱、10万枚を用意。

ほけん相談バンクの各店舗(白子サンズ店、アピタ松阪三雲店、伊勢ララパーク店)で販売し、1世帯につき2箱まで購入できる。支払いは現金のみで、イオン津店では販売しない。売上金の一部を寄付する計画で、医療機関へ必要な医療物資にして届ける。

同社は「こうした取り組みがマスクの高額化を防ぎ、低価格での日本全体への普及に結びつくよう願っている」と話している。