鈴鹿市役所 Mスポ功労顕彰トロフィーを展示 三重

【トロフィーを手に「市民と一緒に受賞を喜びたい」と話す末松市長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市はこのほど、同市役所のモータースポーツ振興コーナーで、市が受賞した「2019年モータースポーツ功労顕彰」のトロフィーなどを展示した。当面の間展示する。

同功労顕彰は鈴鹿サーキットがモータースポーツの発展や振興に携わった個人や団体の功績をたたえ、昭和62年から毎年表彰している。

市は昨年8月に市内で「鈴鹿モータースポーツフェスティバル」の公道パレードを実施し、12月に県警察本部交通部、鈴鹿警察署とともに選ばれた。

受賞記念のトロフィーをはじめ、公道パレードを撮影した写真パネル7点を展示している。

末松則子市長は「公道パレードは長年の夢で、ようやく実現できた。市民と一緒に受賞を喜びたい」と話した。今年の実施は協議中という。