医療関係者らに支援 三交GHD 県に500万円寄付 三重

【鈴木知事(右)に目録を手渡す竹谷副社長=三重県庁で】

三重交通グループホールディングス(津市中央)は14日、新型コロナウイルス感染症の治療に当たる医療関係者らを支援しようと「新型コロナ克服 みえ支え“愛”募金」に500万円を寄付した。

県庁で贈呈式があり、竹谷賢一副社長が「昼夜関係なく過酷な業務に精励され、県の医療を支えていただく医療現場の皆さんへの支援として活用してほしい」とあいさつ。

目録を受け取った鈴木英敬知事は「新型コロナウイルスの影響で観光や宿泊などの業績が厳しい中、ご寄付をいただき、県をリードする会社としての矜持(きょうじ)を感じる。医療や介護に携わる職員の励みになる」と謝辞を述べた。

県は感染症の治療に当たる医療関係者や、休校中の子どもを預かる放課後児童クラブなどを支援するため、県民や企業から寄付を募っている。11日から開始し、これまでに11件の申し込みがあった。