熊野など2市1町、小中学校再開へ 尾鷲は週3、4日 三重

【熊野・北牟婁郡・尾鷲】三重県熊野市、尾鷲市、紀北町の教育委員会は13日、県が緊急事態宣言の対象外となった場合、小中学校の授業再開について各市町の方針を発表した。

熊野市と紀北町は18日から臨時休校を解除し、授業を再開する。22日まで午前のみの授業とし、25日から通常授業とする。

尾鷲市は、愛知県、岐阜県のいずれかが特定警戒都道府県のままなら臨時休校を5月末まで継続するが、18日から週に3―4日の登校日を設ける。