明和町にマスク1万枚 河田フェザーが寄贈 三重

【寄贈したマスクを示す河田代表取締役(右)と世古口町長=明和町役場で】

【多気郡】新型コロナウイルス感染症対策として羽毛素材メーカー「河田フェザー」(三重県明和町山大淀)の河田敏勝代表取締役は12日、明和町役場で世古口哲哉町長にマスク1万枚を寄贈した。

同町内の学校や病院、福祉施設で使ってもらおうと中国から仕入れた使い捨てマスクを寄付した。日本でのマスク不足を受け、同社が製造を依頼して調達した。

河田代表取締役は「マスクは社員、家族のために準備していたが、明和町で陽性が発生し、すぐ提供しないといけないと思った」と述べ、世古口町長から感謝状を受け取った。