乗用車にはねられ男性死亡、明和町で事故

【多気郡】8日午後7時10分ごろ、三重県明和町金剛坂の県道で、道路を歩いて横断していた松阪市下村町、会社員男性(29)を多気町河田、無職髙橋みふさん(72)の乗用車がはねた。男性は頭などを強く打って松阪市内の病院に救急搬送されたが、多発性外傷で死亡した。

松阪署によると、現場は県道と町道が交わる三差路の付近。男性は勤務先からの帰宅途中で、町道側から県道に向かって歩いていたという。髙橋さんは病院からの帰宅途中だった。同署が事故原因を調べている。