尾鷲市 水道基本料金、3カ月無料 子育て世帯への給付も 三重

【水道料金のうち基本料金を3カ月間無料にする支援策について説明する加藤市長=尾鷲市役所で】

【尾鷲】三重県の加藤千速尾鷲市長は7日、市議会全員協議会で、新型コロナウイルス感染症対策として、水道料金のうち基本料金を6―8月の3カ月間無料にする支援策などを発表した。

市によると、一般家庭の水道料金の基本料金は1カ月当たり1210円。官公庁と専用管で配水を行う大口利用者を除いた事業所と一般家庭約1万世帯が対象で、減免額は約4千万円を想定している。

また、子育て世帯への支援策として、児童扶養手当受給世帯と公務員を除く児童手当受給世帯の対象の子ども1人につき、市が1万円を給付する。

市議会は、来年6月10日の任期までの議員報酬を削減する方針を固めており、削減した議員報酬は子育て世帯への支援策に充てる予定。全13議員の1カ月の議員報酬を1人当たり5%削減する条例案を市議会6月定例会の初日に上程する。可決されれば、約260万円が削減される。