津 7寺社同時「コロナ終息祈願」 「伊勢の津七福神霊場会」 三重

【新型コロナウイルス早期終息と犠牲者追悼の祈願=津市栄町の初馬寺で(伊勢の津七福神霊場会提供)】

【津】「伊勢の津七福神霊場会」による新型コロナウイルスの犠牲者追悼と早期終息の祈願が6日、三重県の津市内であり、市内7寺社が同時刻に心を一つにした。

同会は津の歴史ある寺社を巡り町ににぎわいを作ろうと高山神社(丸之内)▽結城神社(藤方)▽円光寺(河芸町)▽初馬寺(栄町)▽四天王寺(同)▽安楽寺(一志町)▽津観音寺(大門)―の7寺社で平成24年に開創した。

先行きの見えない状況に霊場会として何ができるかを模索。密集を避けるため一堂に会さず同日同時刻に各寺社で行うこととし「コロナ」と「5(月)6(日)7(時)」をかけ午前7時に一斉に詞や願文を唱えた。

初馬寺の近藤玄道住職は「祈りは人間にだけ許される行為。7寺社で心を一つに祈願した」。高山神社の多田久美子宮司は「宗派を超え人間としての思いの一体感が感じられた」と振り返り「コロナウイルスが早く終息しすがすがしい気持ちで生活できるよう願う」と話した。