三十三総研、セミナー開始 約500タイトルを掲載 三重

【四日市】三十三総研(四日市市西新地、山本博也社長)はこのほど、三十三フィナンシャルグループの顧客組織「三十三ビジネスクラブ」の会員向け新サービスとして、「インターネット・セミナー」と「企業経営トピックス」の提供を開始した。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、集合形式での研修会・セミナーの実施が困難な中、会員の継続的な企業経営に関する情報の入手や社員研修ニーズに応えていく。

インターネット・セミナーは法律、労務、税務・財務・経理、研修・人材育成など17カテゴリー・約500タイトルを掲載。1テーマは10―60分。同総研のホームページ=https://www.miebank.co.jp/33ir/=から申し込む。

企業経営トピックスはテレワーク導入時のポイントや人事制度の策定など最新情報をメール・ファクスで提供する。申し込み不要。