新型ウイルス 三重大が奨学金 困窮学生に10万円支援

三重大学(三重県津市)は7日、新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入を失って困窮する学生向けに給付型奨学金を創設すると発表した。金額は1人当たり10万円。支給対象は学部生と大学院生を合わせて約千人を見込む。申請の受け付けは11―20日。

学生の修学継続を支援するために創設。月内に支給を開始する。原資の1億円は卒業生などからの寄付金を基に創設した三重大学振興基金から拠出する。同大によると、家族の失職やアルバイト収入の減少などで家計が急変した学生から相談が相次いでいる。